FC2ブログ
<<06  2019,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/5 『ラブリーベイベー』in東京グローブ座
先日、健ちゃんの舞台を観に行ってきました

ホントは観に行く予定はなかったんですが、
急遽観に行ける事になりまして…
観に行ってきましたぁ


 


感想は↓↓



















DVC00231.jpg
席は、1階の後方。

いやー、なんだろ。
感想をどう書いて良いのか…
正直困っています


今回、舞台の感想を書くのにこれほど困ったというか
言葉が見つからないのは珍しいぐらい。

今まで観た舞台で一番衝撃を受けたというか‥
観た事ないなぁ‥と。
凄く思い切った舞台だなぁーと思いました。

あ、でもね。
ふっとね、思ったんですよ。
今回のこの舞台って


“同性愛”



だからこそ成り立つ舞台なんだって。
そんな事、誰だってわかりますよね
でも、なんか自分の中でそう思ったんです。

テーマが同性愛じゃなかったら


極々普通のラブストーリー


んですよね。


誰かを愛して、誰かに愛されて
浮気したり、嫉妬したり
片思いの相手に思いを告げられなかったり
三角関係だったり


ホント、一見は極々普通の恋愛物語。


でも、普通と違うのが
相手が異性じゃなくて同性って事。

ただそれだけなのに
何かが大きく違うような気がしました。


私的に同性愛のお話って
海外のイメージ
男性同士(ゲイ)のイメージ
が強いんですよね。

でも、今回の舞台は日本。
男性同士もあれば女性同士も描かれてる。

「海外だけの話じゃないんだなぁー」

って正直思いました。

初めは同性愛のこのお話に正直抵抗というか入り込めなかったんですが、
話が進むにつれ

応援したくなったり
気持ちがわかったり

と自然と入り込む事が出来てました。


あ、観てて思ったんですが

恋司と愛斗では、愛斗が女
遥と香澄では、香澄が男

なんだなって思いました。
(あ、旭と耕介はどっちがどっちなのかわからなかったけど/苦笑)

「チューして」とおねだりしたり、わんわん泣く恋司の姿を見て
「恋司の方が女性じゃないのか?」と思いましたが(笑)

ま‥、恋司が女になっちゃったら
『ラブリーベイベー』の意味もなくなっちゃうし
最後の結末も変わっちゃうんでしょうね。

私個人的には凄く今日子を応援したくなりました。
私も自分の気持ちを言えない人なので、凄く気持ちがわかりました。
そんな今日子の頭をポンポンと撫でる恋司にキュンキュンしちゃいましたが(笑)


と、私の感想はこんな感じ…ですかね。

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去ログ +

2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 01月 【3件】
2017年 10月 【2件】
2017年 07月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2015年 12月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【5件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【5件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【9件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【5件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【3件】
2012年 01月 【12件】
2011年 11月 【7件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【2件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【2件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【2件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【2件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【6件】
2007年 11月 【2件】
2007年 10月 【5件】
2007年 08月 【4件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【2件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 09月 【6件】
2006年 08月 【9件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【3件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【7件】
2005年 11月 【7件】
2005年 09月 【5件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【5件】
2005年 06月 【7件】
2005年 05月 【4件】
2005年 04月 【4件】
2005年 03月 【4件】
2005年 02月 【6件】
2005年 01月 【3件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2001年 09月 【1件】

リンク
ブログランキング
参加してみました(^^) ポチっと押して頂けたら幸いです♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。