FC2ブログ
<<04  2019,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ALL SHOOK UP in名古屋千秋楽
『ALL SHOOK UP』名古屋千秋楽に行って参りましたぁー。

行くまで・・観劇するまで・・
いろいろと・・・
ホントいろいろとありましたが、無事に観劇し無事に帰郷致しました[:モゴモゴ:][:汗:]

簡単ですが、千秋楽の様子をちょろっと書きたいと思います[:揺れるハート:]



名古屋千秋楽の感想は↓↓







席は、3階バルコニー席の最前。
『ALL SHOOK UP』公式サイトの日記に
ちょうど、この席が映ってまして・・
なんか、ちょー嬉しかったです[:てれちゃう:]


さてさて、名古屋公演で私はツボったとこは・・・
●デニスがチャドを探してサンドラに聞くシーン
(曲「Love Me Tender」の後)

サンドラの真後ろを追うチャドがいつもは「待って~。My forever beauty~」って追いかけてくるんですが、
この日は「待って~。もう1回、本で叩いて~」って(笑)
デニスもこれに「もう1回、叩いてくれるかもよぉー」って(笑)


【カーテンコール】
大千秋楽という事で・・・
ん・・と、2回ほど多かったかな。

■バンドさん全員も前に出て挨拶。
何故かこの時、指揮の方がチャドとナタリーの真ん中に入り・・
ナタリーが「ここに入るんですか[:!?:]」と言わんばかりの苦笑いしてました(笑)
■再び幕が上がり最後は、出演者・バンドさんが一列になり挨拶。
もちろん、この時も指揮者の方はチャドとナタリーの間にいました(笑)

んで、尾藤親子が最後に見せてくれましたねぇー。
幕が閉まる時、チャドが娘(桃子さん)に振ったんですよ。
そしたら・・・前転(?)してました(笑)
再び、幕が開き挨拶をして幕が閉まる時、今度は父(イサオさん)が餌食に。
父は床でクルクル~って。
しかし、そのまま幕が閉まり父は幕の外に・・・
張りながらも去って行かれました(笑)


【ラストの挨拶】
そして[:!!:]最後のチャドの挨拶。
挨拶をし去り際にジャケットを脱ぎ、投げるふりをして去っていきました(笑)
しかし、大千秋楽。
去っても拍手は鳴りやまず・・・
「出てくるのかなぁー」とさっき出て来た方を見てたら・・
なんと、逆から登場(笑)

会場を見渡し「1階、ありがとぉ~」「2階、ありがとぉ~」「3階、ありがとぉ~」
「4階、5階・・いねぇーや(笑)」って(笑)
全ての階にしっかり手を振ってくれました[:てれちゃう:]



私が思うにね。
ナタリーが最後に「彼には、自信があってナタリーに出来ない事をエドは出来た」って。
エドは凄い人だと言ってるけど。

これがね。
チャドじゃなく坂本昌行だったらきっとナタリーの気持ちがわかるんじゃないかなぁーと。
同じ事を思うんじゃないかなぁーって。


ナタリーに出来ない事をエドは出来た。
坂本昌行が出来ない事をチャドは出来た。


だって、あのシャイで恥ずかしがり屋のまぁくんがたくさんの観客の前で腰回したり投げチューしたり。
坂本昌行では、きっとやらない事だし出来ない事だと思うんです。
それをやらせちゃうチャドって凄いなぁーって。
私はそう思ったんです。
(ま‥これはチャドだけに限らない事ですけどね/苦笑)

ま、演じてる本人はどう思ってるかわからないですけど・・・
私はチャドを見てそう思いました。


チャド、たくさんの愛をありがとう[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]
ナタリー、たくさんの勇気をありがとう[:ぴかぴか:][:ぴかぴか:][:ぴかぴか:]
デニス・サンドラ、たくさんの愛らしさをありがとう[:るんるん:][:るんるん:][:るんるん:]

『ALL SHOOK UP』カンパニー全ての皆さん。
ホントにホントーにお疲れ様でしたッ[:!!:][:!!:]
Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去ログ +

2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 01月 【3件】
2017年 10月 【2件】
2017年 07月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2015年 12月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【5件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【5件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【9件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【5件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【3件】
2012年 01月 【12件】
2011年 11月 【7件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【2件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【2件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【2件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【2件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【6件】
2007年 11月 【2件】
2007年 10月 【5件】
2007年 08月 【4件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【2件】
2006年 11月 【3件】
2006年 10月 【3件】
2006年 09月 【6件】
2006年 08月 【9件】
2006年 07月 【2件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【3件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【7件】
2005年 11月 【7件】
2005年 09月 【5件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【5件】
2005年 06月 【7件】
2005年 05月 【4件】
2005年 04月 【4件】
2005年 03月 【4件】
2005年 02月 【6件】
2005年 01月 【3件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2001年 09月 【1件】

リンク
ブログランキング
参加してみました(^^) ポチっと押して頂けたら幸いです♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。